1室のみのマンション経営は物件選びがとても重要です。内覧では入居者目線になって設備等チェックしましょう。

マンション経営で失敗しないために
マンション経営で失敗しないために

マンション経営は物件の内覧が重要

マンションの1室を購入して賃貸にし、家賃収入を得る投資が最近注目を集めています。マンション経営といってもこの方法なら一棟丸ごとを経営するわけではありませんので初期投資もマンション1室分で住みます。居住用のマンションでなければ住宅ローン減税の対象にはなりませんが、購入する部屋を担保にローンを組むことは可能です。単純にローンの額よりも家賃収入の額を高く設定すれば利益が出るほど簡単にはいきませんが、マンション経営という分野では個人が始めやすい形態であることは間違いないでしょう。1室だけのマンション経営の場合は空室期間をなくすことが成功の鍵となります。棟経営の場合は仮に空室ができても他の部屋の家賃収入がありますが、1室経営の場合はこの部屋が空室になると全く収入がなくなってしまいます。収入がなくてもローンの返済はありますし、管理費や固定資産税なども負担しなくてはなりません。
おそらく1室だけのマンション経営に挑戦する人は、常に家賃収入が得られることを前提条件としてシミュレーションしていることと思います。家賃収入がなければたちまちローンの支払いに困るようなことのないよう、いざという時のための蓄えも必要です。万が一数ヶ月空室になっても困らない程度の貯蓄をしておくことと、入居者が途絶えないような需要の多い物件を選ぶことが大切です。そこで物件選びが重要になってくるわけですが、当然ですが購入前にしっかりと内覧させていただきましょう。新築物件なら内覧会がありますので明るいうちに予約し、時間をかけてチェックします。この時重要なのは自分が居住するつもりでチェックすることです。長く住みたいと思える物件か、設備の使い勝手は良さそうか、などといった入居者目線で部屋を採点する必要があります。設備の故障やメンテナンスはオーナーの負担になりますので設備の耐久性なども重要項目です。中古物件でも同じく内覧は重要で、特に寿命間近となっている設備がないかをチェックしましょう。家賃設定や立地ももちろん大切です。